夕張メロンオーケストラ2015

カテゴリ:バイオリン, ビオラ, 夕張メロンオケ, 旅行記

夕張1

 

 


バイオリン ブログランキングへ   ←ここをぽちっと応援お願いします!

皆様、東京で暑い連休をいかがお過ごしになられましたでしょう?うふふ。嫌味ですみません。私は涼しい北海道へ今年も行ってまいりました。朝から晩まで練習して、飲んで、食べて3日めに夕張の皆様に練習の成果をお披露目するという素敵な企画です。生徒たちも全員は連れていけませんが、いつも合宿に参加し合奏も欠かさず来てくださる生徒たちに声がけし一緒に行ってきました。小4、小6、中1の子どもたちも参加させていただき、ご父兄もついてきてくださいました。今年のプログラムはこんな感じです。

 

夕張2

 

現地の主催者さんも、親御さんが演奏するから一緒に子どももってことはあるけど、ご両親は演奏しないのに、付き添いだけにいらっしゃるなんてって感動していらっしゃいました。しかも、3人のご父兄が団員さんたちのお子さんのベビーシッターまでやってくださっていて、もうどうしましょうって感じでした。本当にありがとうございました。もし赤ちゃんたちが泣いて、せっかく北海道まで来たのに、わが子たちの晴れ姿が観られなかったらどうしようと心配しましたが、スヤスヤと寝てくれて無事に聴いていただけて良かったです。先生の素晴らしいご指導も是非見学していただきたかったので、少しでも見学していただけて良かったです。先生の指導で私が何を求めているのかもきっと分かっていただけたのではと思っております。

こうやって、子どもたちに少しでもいい経験をさせてあげたいっていう熱心なご父兄が我が教室にはいらっしゃり、自分に子どもがいても、こんなに一生懸命子育てできなかったんじゃないかと思うので、いつもすごいご父兄達だなと尊敬の気持ちでおります。どの家庭にも優先順位があって、バイオリンが一番じゃなくて、体操教室や英会話や塾の二番手の習い事になっていても、それはそれでしかたのないことだと思いますが、時々こうやってバイオリンも頑張らせるって思ってくださるご父兄がいると、本当に励みになります。私もこれからも頑張りますね。

さて、大人の生徒と子どもたちですが、何人かから感想をいただき、何回目かの生徒たちは、前よりは弾けたと言っていて、合奏は本当に経験なんだなと。まあ、もちろん当社比なので、他の団員さんにはうちの教室でご迷惑おかけしているのには違いないのですが、毎年の積み重ねで少しずつ慣れていって、いつか合奏団に貢献できるようになってくれたら嬉しいです。ちなみに追記すると、夕張メロンオケに集まってくるメンバーの方達は、それぞれのオケでトップ弾いてるような方達で、東京のムジークのコンマスとかビオラのパートトップとか、他のオケでもコンマスやってますとか。トップできそうな人がずら〜って並んですようなオケです。バイオリンのソロリサイタルもやってますていうメンバーもいます。そんな中で生徒たち弾かせていただいて、本当に感謝しています。

夫は4回目の参加。今までで一番弾けたって本人が一番驚いていました。今年はもう曲が難しすぎるので諦めるよって言っていたのですが、まさかのムジークフローのトップの方の隣に座らせていただいた様で、そりゃ上手な人の隣だと弾けるよねえ。よかったよかった。私は子どもたちの隣で弾いたのですが、日に日に弾けるようになっていくのが手に取るように聞こえてきて、若いってすごいなあって思いました。スピッカートのところとかを先弓で弾いてると私がすかさず耳元で小声で「弓元!」って叫んだりすると、パッと直したり「そこ先生と一緒に弾いて」っていうと、ぴったりと合わせてきたりして、適応力があるなあと我が生徒ながら感動しました。いやあ、自画自賛ですみません。ここ教室宣伝ブログなので、書かせてください。(笑)そういう生徒の成長も楽しめる、幸せな三日間でした。お世話になりました。

夕張3

私自身も、生徒の面倒を見つつ音楽を楽しみました。「英雄」の2楽章は「葬送行進曲」だねという先生の一言が、ものすごく腑に落ちて、「ああ、そうか。そういう表現をするのか」って。先生はこの曲はこうだよってことを一言で表されることが多いのですが、それがものすごく的確です。そこから、自分の音楽のイメージが広がります。他にも、いっっっっぱい心にメモしたことがあるのですが、企業秘密なので書きません。(笑)夜はオケの練習がないので、室内楽をやりたい人が好きなだけやるんですが、このイベント4回めの参加なので、いろいろ仲良しさんができて、いっぱい誘っていただいてすごく楽しかったです。やった曲全部ツイートしときました!

 

夕張メロンオケ参加前日は、札幌で生徒さんご紹介のお店「はちきょう別亭おやじ」という居酒屋で前夜祭。すごいんですよ。ご飯がまず出てきて、そこにいくらをぶち込んでくれるんです。自分でストップっていうらしいんですが、言わなければギリギリまで入れてくれるんです。で、この絵に。

 

夕張1

 

これを幸せと言わなくて、何と言おうって感じです。で、後日夕張メロンオケ中の飲み会で地元北海道の人に見せたら、ふううんって感じで、「いくらは自分の家で作るのが一番美味しいよ」って教えていただき、また驚き。自分の家でいくら?ですって?北海道の人は違いますね。長崎の人にちゃんぽん食べたの〜って見せちゃった感じですかね。

帰りは札幌に戻って、円山動物園でしろくまララちゃんとその赤ちゃんを見てきました。可愛かったですよ。夕張在住のにゃんことともにお送りします。

 

_DSC1144 _DSC1136 _DSC1164 _DSC1156 _DSC1145 _DSC1172 _DSC1171 _DSC1165

 

 

ということで、無理やり旅行記を一回で終わらせました。また通常営業にもどります。

 

 

Facebookのアカウントはこちら。ブログとは別に、レッスンの小さな記事も書いています。

Twitterは@yurikaviolinです。よかったらこちらもよろしくお願いします。

 

 


バイオリン ブログランキングへ   ←ここをぽちっと応援お願いします!

No Comments Yet.

Leave a reply