ユリカバイオリンスクールのメンバーはどんな人?

カテゴリ:教室情報

ユリカバイオリンスクール看板

一日一日春めいてきましたね。皆様いかがお過ごしですか?今日はお休みなので、来年度に向けて名簿を作りなおしたりしています。生徒たちの学年を書き直すたびに、ああまた一年大きくなるんだなあと、なんとも言えない気持ちになります。

4月から消費税が上がるそうですが、私の教室では今のところ値上げを考えておりません。そんなに手広くやっていませんので、消費税の支払対象ではありませんし、もし、消費税が上がることで物価が全体的に上がることが実感されたら、その時はまた考えようかと思います。

せっかくなので、今日はスクールにどんなメンバーが多いのかまとめてみたいと思います。新学年で数えたので、未就学児が少なめになりました。

未就学児童3人 小1 4人 小2 5人  小3 3人  小4 2人 小5 4人  小6 7人 中学3人  高校3人  大学 1人

大人は生徒全体数の54%  最近やや多めになりました。一昨年は全く同数になったことがありました。そのうち経験者は11%で5人です。経験者とは、子どもの頃に習っていたという方で、大人になって始めた人はすべて省きました。大人の生徒さん全体の33%の生徒さんが、私のクラスで生まれて初めてバイオリンを持ったという方でした。14人です。一ヶ月以上、他で習っていたという方は省きました。

子どもたちは、ほぼ私のクラスで始めた生徒ですが、7人は他からの転校生です。28人は私のクラスで始めました。

最近の傾向は、働くご両親が多いので、土日はほぼ大人の生徒さんか大きい子どもたちでしたが、最近はそこに小さい生徒も加わり、激戦区になっています。その代わり、10年ほど前には、平日の2時台3時台といえば、小さいかわいい生徒達のための時間帯が、すっかり空いて、お陰で私の勉強の時間になっています。皆さん通いたい曜日や時間は重なるのでなかなか難しいですね。

私の教室では、新年度ごとに時間割の組み換えは行なっていません。移動なさりたい方が、今空いているところに移動する。というやり方で、なんとか上手く回っています。もっと自分の入りたかった所が年度途中でも空けば、自由に移動してもらうようにしています。これが一番合理的な様な気がしています。最近は、送り迎え付きの習い事も増えているらしいですが、うちは弱小なのでなかなか人手が厳しく、今のところ難しいですが、いつかそういうこともできたらいいなと思います。保育園や小学校からうちにレッスンに来て、その後ずっとお預かりする学童保育みたいなこともできたらステキだなと思ったりもしますが、なにせ・・・。はい。従業員は普段私一人なので。(笑)

来年度は、独奏の発表会の準備をしつつ、室内楽のレッスン=アンサンブルレッスンを充実させていきたいと思っています。今は日曜日の空いている時間に入ってもらうようにしていますが、いっそのこと、日曜日一日とか、祭日一日を、アンサンブルレッスンのために空けてしまい、みんな一日に集中させようかとも思っています。そしたら、もっとたくさんのメンバーに体験してもらえるし、早くからこの日と決めていれば、生徒さんも都合がつけやすいと思います。またいい一年になりますように。

Comments

  1. 私、退職したらユリかバイオリンスクールの送迎、保育担当になりたいです。

    • こんな話してたら、事件が起きてちょっとびっくりしています。きっとその頃にはベテランママですね。

Leave a reply