第一回ホームコンサート

カテゴリ:チェロ, バイオリン, 教室行事

リビング

 

 

本日は、2階のレッスン室ではじめての「ホームコンサート」を開催しました。人前に出て楽しく演奏するためには、やはり「慣れる」ことが一番ってことで、次の発表会まで日が空くので、途中途中で弾いておこうという趣旨です。たま〜に、何十年かぶりに出てきた歌手が、テレビでえらい緊張してたりするのを見ると、どんな人も一旦人前から遠ざかると、緊張するものなんだなあと思います。ましてや、私達。まだまだ経験が足りないのでこれから頑張っていきましょう。

曲は、今レッスンで見てもらってる曲でもいいし、その他でもいいし、スケールでもいいです。ということで、皆さん最近勉強した曲を。前回5月からまだ日があまりたってないせいか、割りと平常心で弾けていた様に思います。5月の本番前のリハーサルはあんなに緊張していたことを思えば、大進歩です。

今日は会費を1000円いただいたので、何かいい企画をと思い、小さいカードを購入して、聴いてる生徒さんからメッセージをいただくという企画をやってみました。たいてい、緊張しすぎているとか、上がってしまうときの心理状態は、すでに過去になっていることを、常にその場その場で反省したり、後悔したりしながら弾いているんじゃないでしょうか。どんなことが起きても、今の自分の演奏のいいところを感じながら弾ければ、もっと集中していけるんじゃないかと思います。そのためには、まずは人の演奏を聴いた時に、いいところを聴く、観る。そういうトレーニングをしようということで、いいところを発見してメッセージを書くということをさせてみました。まだ、このカード本人しか呼んでいないので、レッスンの時に読ませてもらうのが楽しみです。それに、「聴いている人たちは、常に自分のいいところを聴こうとしてくれているんだ」という雰囲気で演奏すれば、成功体験が増えるかなという狙いもありました。お客さんと仲良くなるというのは、人前で話したり演奏したりするときの第一歩だと思うのですが、とりあえず、第一回は成功したように思います。小学校の先生だと、こういうカードに名前つけたりするのかな。お友達のいいところ発見カードとか?頑張ってるねカードとか?皆さん、ネーミングよろしくお願いします。(笑)

さて、その後は場所を変えて近所のフレンチへ。ウーベルチュールにお世話になりました。総勢13人でフレンチフルコース。2700円なんですよ!びっくりなお値段。子どもたちは、フルではない、メイン一品のコースで1900円。これまたびっくり。15名で貸しきれるので、今度音出しできるか聴いてみようかな。ここで演奏してそのままランチでいいような気がしてきました。そうえいば、以前要町のキタオカでも貸しきって室内楽の発表会やったことあるんですよね。ノウハウをもう一回思い出して、やってみよう。皆様連休最終日に、お疲れ様でした。

No Comments Yet.

Leave a reply