台湾旅行記2017

カテゴリ:旅行記

 

 

 

ブログ読者の皆様。ご無沙汰しています。お休みをいただいて、さくっと台湾に行ってきました。国際線でANAに乗ったのは10年以上ぶりです。格安チケットばっかり狙っているので、ついついANAは敬遠しがちですが、なんと今回往復5万円という格安チケットです。九州帰るより安いんじゃないかという。台湾って近いんですね。地図で改めて眺めると、石垣島のちょこっと先という感じでびっくりしました。

 

 

 

今回は まったくの休養です。仕事は一切なしです。会社勤めの方は、勤続20年とかそういうときに、お休みが出たりして旅行に行ったりするそうですが、自営業はそういうのはないので、自分で作ってみました。(笑)

調べたら、烏来(ウーライ)という街があって、台北からも近くて、飛行場からも近いということがわかったので、とりあえずそこに2泊。街の様子もわからないので、食事付きでお願いしました。ヴォランド ウーライ スプリング スパ アンド リゾート (馥蘭朶烏来渡假酒店)というホテルです。コピペしないと難しくて書けないな。部屋にも温泉ついてます。どうですか?私が好きそうな宿でしょ?

個人旅行なので、いつも宿はネットを読んでカンに頼ってるんですが、今回もカンガ冴えてました。一日に何回かショーがあって、ショート言っても静かなショーで、河の流れと鳥の声に耳を澄まして、鐘の音を聴くとか、そういうショーです。インスタには動画もアップしておきました。すごく食事もおいしく、2連泊したので、一泊目はフレンチで、2泊目は台湾料理にと変えてくれるんです。難点は、河にも面しているのですが、道路にも面しているので車の音が騒がしい。でも、人里離れたら行くのが大変なわけですし、複雑に音が絡み合って、それはそれでよかったです。

世界のスパリゾート2017にも載っているらしく、中国、韓国、白人のお客さんなどインターナショナル。日本語が上手なスタッフもいます。オイルマッサージがすばらしくて、60分すごい本気モードでお姉さんがやってくれました。完全個室。肩やひじが痛くて、ずっと治らないなあって思っていたら、ヨガ→オイルマッサージ→台北で全身マッサージ→足つぼというフルコースに、日本から持っていた病院の湿布をして、95%くらい治りました。

なんかいつもママたちばっかりずるいな。いつも留守番なんだけど・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はほとんど観光しないで、ホテルライフを満喫しました。ゆっくり頭も休もうと思ってるんですが、これからどうやって10年頑張っていこうかなとそんなことばっかり考えていて、次から次へこういう企画はどうかな?とか思いつくのが自分でもおかしかったです。3つくらい面白いことを思いつきました!思いついても、自分の利益にそれはなるのか?という企画もあり、仕事として成立させないといけないわけです。でも、絶対おもしろいと思うんですよね。また生徒のみなさま、ユリカ先生の楽しいことにつきあってくださいね。

とりあえず、毎日もう少し健康的な暮らしをします。台湾に行って思ったことの一番はこれですね。どんなに楽しいことが待ってても、自分が健康じゃなかったら実現しないんです。毎日食べるものがどれだけ大事かということにも、もう少し思いを馳せようと思います。台湾の料理は、どれも刺激が少なくて、薄味で、やさしい味でした。九州の料理と共通するものを感じました。長崎の中華街で出てくる料理にすごく似てて、わあ、これは私のオリジンじゃないかと思ったほどです。

長崎の角煮まんじゅうと同じ味付け。同じものでした。

口に入れた時に、美味しいなって思うものは、辛かったり、しょっぱすぎたり、スパイシー過ぎたり、油っぽかったり。一口目はちょっと一味足りないなと思うけど、結局香りが複雑だったり素材が良かったりすれば、飽きずに美味しく食べられるんだなというのが、二人の感想でした。食文化面白かったです。お酒やコーヒーがなくても、お茶が美味しければ、食事は美味しいというのも大発見でした。医食同源。あまり神経質に考える必要はないと思うけど、身体が疲れてたり、痛がってたりすることにもっと敏感にならないとと思った旅でした。

明日オケの練習でお休みさせていただいて、また日曜日からレッスン再開します。皆さん楽しみにお待ちしています。

***********************

Facebookもやっています。

辻有里香 ページ

お教室ページ

ツイッター  @yurikaviolin

インスタグラム  yurikaviolin

お問合わせは yurikaviolin☆biglobe.ne.jp →☆は@へ

 

遊びに来てくださいね。

***********************

↓ぽちっと応援よろしくお願いします。

Comments are closed.