バイオリンレッスンの楽典3)♭をつけてみよう

カテゴリ:バイオリンレッスンの楽典

お待たせしました。第三回です。前回は#をつけたときの音名を勉強しました。今日は♭のついた音についてです。

 

前回同様、復習からいってみます。またバイオリンの指板上の音が言えるかやってみましょう。

 

 

指板上に問題を出すのに便利なように、◯と通し番号をつけました。一番右の1とかマイナス1とかプラス2というのは、指の番号です。通し番号14番がHになります。では、#のつく言い方で、答えてくださいね。

 

通し番号16番  24番  12番 18番  20番 1番 15番

答えはスクロールしま〜す。

 

 

 

 

 

 

 

 

Cis  Ais  Gis  Dis  Fis  Gis  His

以上でした。どうでしたか?そもそも指板の場所がわからないとか・・・。だいじょうぶですよね。#の付いた言い方でお願いしますということなので、15番はHisいいかえたらCということになりますね。みんなできたかな?

♭はes を語尾につけるだけですよ。

 

C          D         E          F          G          A          H            C

 

Ces          Des          Ees          Fes        Ges           Aes         Hes 

 

さて問題です。この中で先生の言うとおりにesつけたけど、間違いだったというのが3つあります。さてどれでしょう?自分でも考えてみてね。そう言えばそういう風に言わないよねというのありますよね〜。先生がいつも正しいとは限らないんですよ。(笑)

Ees     Aes      Hes

この3つの言い方はまちがえです。ただしくは、

Es(えす)  As (あす)B(べー)といいます。

じゃあ、順番に大きな声で読んでみましょう。勉強は五感を使っておぼえるのが大事ですよ。

 

ツエス デス エス フェス ゲス アス ベー

 

覚えられたかな?がんばってね。次回は楽譜を全部ドイツ音名で言ってみる演習をやってみましょう。また次回〜。

 

 

 

 

***********************

随時生徒募集中です。空きスケジュールはこちら。

Facebookもやっています。

辻有里香 ページ

お教室ページ

ツイッター  @yurikaviolin

インスタグラム  yurikaviolin

LINE@ はじめました  @jga8048l

お問合わせは yurikaviolin☆biglobe.ne.jp →☆は@へ

 

遊びに来てくださいね。

***********************

↓ぽちっと応援よろしくお願いします。

Comments are closed.